『GDPRガイドブック EU一般データ保護規則 活用法』読了

いま注目のGDPRに関する解説本です。

単なるGDPRの解説書というよりは、具体的にEU加盟国で取り組んでいる対策事例を散りばめた「実践本」と言えます。

現時点では日本がGDPRの十分性認定に採択されるかどうかは定かではありません。仮に十分性が採択されたとしても、GPDRが規定する規則をガイドラインとして遵守することで、個人情報の活用においてアドバンテージが得られることには変わりないと思います。

本書にもありますが、GDPRにおける重要なキーワードは「技術的および組織的対応」です。これは、「セキュリティ対策」と「ガバナンスおよび教育」のことに他なりません。

データ社会の中でデータ主体の権利を保護しつつ、個人情報をビジネス競争力の源泉に転換するためにも、適切なデータ保護対策とガバナンスの強化が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です