2016年08月16日

『ラサへの歩き方 祈りの2400km』を観てきました

ラサへの歩き方 祈りの2400km ★★★★★
公式サイト:http://www.moviola.jp/lhasa/

lhasa.jpg
凄い映像を観てしまったなあ、というのが率直な感想。
まずはチベットのある小さな村の日常をドキュメンタリータッチで淡々と描くところから物語はスタートします。ある日、ふとしたことから聖地ラサへ10数名で巡礼の旅に出ることになるのですが、驚くべきは「五体投地(ごたいとうち)」で2400kmもの距離を進むということ。
五体投地とは、両手・両膝・額(五体)を地面に投げ伏して祈る、仏教でもっとも丁寧な礼拝の方法だそうです。7〜8m歩きながら合掌して、両手・両膝・額を地面に投げ出してうつ伏せる。これをひたすら繰り返すのです。
当然普通に歩くよりもはるかに時間はかかるし、膝も額もあざだらけになります。厳しい自然の中思わぬアクシデントにも見舞われます。それでも、来る日も来る日も五体投地→宿営→お祈りの繰り返し。まさに頭が下がる思いで観ていました。

見所はチベットの美しい自然と、道中で出会った人々との心温まる交流。作中で誰かが言った「他者のために祈る」という言葉がピッタリ当てはまる作品です。
(終)

タグ:映画
posted by ボンツト at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

『ニュースの真相』を観てきました

ニュースの真相 ★★★★☆
公式サイト:http://truth-movie.jp/

truth.JPG
2004年に沸き上がった当時のブッシュ大統領に対する兵役逃れ疑惑。その報道の信ぴょう性をめぐる攻防を描いた作品。
スクープ記事の根拠となったある文書が偽物ではないかという疑惑が逆に報道側にかけられるのですが、物語はいつしか大統領の経歴疑惑そっちのけで文書が本物かどうか、という一点に論点が変わっていってしまいます。その「流れ」の変化に気づけるかどうかがこの作品を楽しめるポイントではないかと思います。
当時はインターネットの普及により、ネットが従来の報道に強く影響を与えるようになってきた過渡期とも言えます。作中でも報道の真偽をめぐって「炎上」したりします。
個人的には、「Microsoft Word」の機能に関するネタの部分で思わずニヤけてしまいました。
(終)

タグ:映画
posted by ボンツト at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

『シン・ゴジラ』を観てきました

シン・ゴジラ ★★★★★
公式サイト:http://www.shin-godzilla.jp/index.html

shin-godzilla.jpg
是非IMAXで観たかったのですが、都合が悪く通常の2Dで観ました。
これはもう日本人による日本人のための映画といった感じです。外国の方が観てもあまり楽しめないのではないでしょうか。
日本らしい物事の決め方(会議)、国を動かす方々、スペシャリスト達の現場力、新幹線や在来線などのインフラ(というか武器w)など、日本で生まれ育った者からするとニヤニヤが止まらない2時間でした。

もし再上映の機会があれば、今度こそIMAXもしくは4DXで鑑賞したいですね。
(終)

タグ:映画
posted by ボンツト at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする