『カイゼン・ジャーニー』読了

アジャイル関連では、自分にとって『アジャイル・サムライ』以来の衝撃でした。

仕事の現場において現状を変えたい・周囲を巻き込んでカイゼンしたいけれどもどうすれば良いか分からない、と悩んでいる人にうってつけの実践書です。
主人公が様々な壁を「越境」していくストーリー仕立てですが、随所にアジャイル(主にスクラム)のプラクティスが紹介されていて自然と頭に入っていく感覚です。
ITエンジニアのみならず、何らかのプロダクトに関わる人やマネージャー職に就いている人にとっても共感できる部分も多いのではないでしょうか。

まずは一人からカイゼンを始めて、それが二人になり、次に数人のチームで、社内の複数チーム、社外のステークホルダー、、、といったように徐々に巻き込む対象がスケールアウトしていく様子が非常に爽快です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です