『システムを「外注」するときに読む本』読了

情報システム構築を発注する側の人間が奮闘する内容でオムニバス形式のストーリ仕立てになっています。(ただしメインの登場人物は同じ)

世の中に出回っている情報で、発注側の視点に立ったときに参考になるものは意外と少ないのが現状です。
本書は、システム企画や構築を外部に発注する経験が少ない人や、経験はあるけれどなかなか上手くいかずモヤモヤを抱えている人向けに、システム導入プロジェクトを推進するにあたって重要なポイントが提示されています。
また、発注側だけでなくベンダーが果たすべき義務についても触れており、ベンダー側の人が読んでも得るものは多いと思います。

ただ、本書はあくまで要点を紹介しているだけなので、プロジェクトを回すための実務レベルの情報については、それ相応の書籍等をあたることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です