Windows Update でハマった話(未解決)

今年の4月から会社のPC Windows Update をWSUSでの配信に切り替えました。新たにサーバーを購入してWSUSを設定して運用開始・・・
とまでは良かったのですが、どうもWindows10の1809へのアップグレードが軒並み失敗している模様。(一部は成功している)

原因はいまだに不明ですが、最近 Windows Updateの自動更新ポリシーを、「自動ダウンロードしインストールを通知」から「自動ダウンロードしインストール日時を設定」に変更した辺りから挙動が怪しくなってきたような・・・(根拠はありません)

自動更新ポリシーを変更した理由ですが、あまり深い理由はなく、ユーザー(ここでは自社の社員)があまりにもWindows Updateせずに放置する人ばかりだったので、強制的に更新プログラムをインストールさせてしまえっ、くらいのノリでした(笑)

とりあえずの解決方法として、以下のサイトを参考に「Windows Update のコンポーネントをリセットする」を実行した後に手動でのWindows Updateを実行することで、どうにか対処できました。
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/deployment/update/windows-update-resources

途中何度も失敗しましたが、根気よく繰り返すことで更新プログラムのダウンロードからやり直し、最終的には バージョン1809のインストールに成功しました。

何か釈然としないものがありますが、根本的な原因(&もっとスマートな解決策)が分かったら、またブログに記載したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です