『海難 1890』を観てきました

海難 1890 ★★★☆☆
公式サイト:http://www.kainan1890.jp/

Kainan1890
史実に基づく日本・トルコ合作映画。
有名な「エルトゥールル号」の沈没事故と、その95年後のイランにおける日本人救出劇を描いた作品です。
史実を軸にフィクションを交えながらストーリーは進んでいきます。スリリングな映像と分かりやすい進行で徐々に引きずり込まれます。しいて言えば、当時の時代背景をもう少し描いても良かったかな?と感じました。
「真心」というキーワードや太陽と三日月をあしらった兜飾りなど印象に残るシンボルが多いですが、何と言ってもイラン・イラク戦争の混乱シーンでの「なぜ日本が日本人を助けられないんですか!?」というセリフが響きます。あれから30年経過した現在ではまず考えられないことですが、当時の社会を良く言い表した言葉ではないでしょうか。

(終)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です