『変革せよ! IT部門』読了

昨今何かと言われる「IT部門不要論」で危機感をお持ちのIT屋さんに是非読んでいただきたいと思います。

IT部門やCIOに向けた応援メッセージとでもいうべき書籍です。

これからの時代ITを経営の武器とするためには、安易にITを外部にアウトソーシングすべきではない、という主張には非常に共感が持てます。
そういった意味でも、自社内のIT部門を経営戦略の一翼を担えるように生まれ変わらせなければならない、というのは正にその通りです。

問題は、果たしてそのような考えを経営者が持っているのか?ということと、肝心のIT部門やCIOがそれに応える意識を持っているか?ということです。
経営層とCIO(IT部門)との間ですでに信頼関係か築けている組織であればそう難しくは無いと思いますが、多くの企業ではそうではないというのが実情ではないでしょうか。

企業におけるITに関わる人間として、道は険しいと言わざるを得ませんが、本書によって勇気を与えられたような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です