『サウルの息子』を観てきました

サウルの息子 ★★★★☆
公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/saul/

Saul

ナチス・ドイツによるホロコーストを題材にした作品。終始、収容所で働かされるユダヤ人主人公の視点で捉える独特のカメラ・アングル効果でしょうか、息が詰まるような緊迫感が作品全般を支配しています。
主人公の役割は「ゾンダー・コマンダー」。同胞のユダヤ人をガス室に送り込む役割を背負わされます。そのゾンダー・コマンダー自身もいずれ用済みになって誅殺される運命。ナチス・ドイツの残虐行為を描いた映画は過去にも沢山ありますが、本作ほど「人間の尊厳」にフォーカスした作品はそう無かったのではないでしょうか。

息子の亡骸を見つけて嘆くでもなく怒り狂うでもなく、ただひたすら息子を埋葬して祈りを捧げるために粛々と行動を起こす主人公・・・
そのことが却って人間の内面を強く映し出すメッセージとなって、鑑賞後もずっと心に残り続けます。

(終)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です