『ブリッジ・オブ・スパイ』を観てきました

ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★☆
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy/

Bridgeofspies

時代は世界が核の恐怖に怯える冷戦時代。米国内で画家を装ったソ連のスパイと、不意にソ連政府の囚われの身となった米国パイロットとの「捕虜交換」の交渉・駆け引きが堪能できます。交渉役はトム・ハンクス演じる腕利きの弁護士。
この交渉劇、米ソ2国間での取引という単純なものではありません。捕虜交換の舞台となる東ドイツで起こったちょっとした事件から、事態はより複雑に展開していきます。
アメリカ合衆国・ソビエト連邦そして東ドイツといった国々を取り巻く当時の状況が良く分かります。

いったん敵国の捕虜になると国家の機密情報を漏らしたのではないかと嫌疑をかけられるものですが、任務とか信義を貫くことの大切さが心に刺さります。

(終)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です