『SEとプロマネを極める 仕事が早くなる文章作法』読了

文章力は仕事の生産性に大きく影響します。特にIT関係者は若い頃からちょっとした訓練を受けるだけでも、今後の仕事にも幅が出てくると思います。

システム開発に限らず、文章が他者に伝わりやすいかどうかは仕事上の生産性に大きく影響します。
自分の経験上、特にITエンジニアが書く文章には分かりづらいものが多いと感じます。例えば、主語が無い、受動的な表現が多い、二重否定 等々・・・
これは単に文章テクニックの巧拙や語彙の豊富さだけではなく、「自分のアウトプットを他の人が使って仕事をする」という仕事の原点ともいうべき意識の部分も大きいと思います。
本書では、システム開発において文章を書く際の注意点を、日本語という言語の特徴を踏まえた上で示しています。
全体的にやや理屈っぽい印象は否定できませんが、本書で書かれている内容を「ちょっとしたコツ」として頭の片隅に入れておくだけでも、だいぶ効果が出るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です