2013年スタート

2012年もあっという間に終わり、2013年がスタートしました。
DSC_0852.JPG
昨年のエントリ『2012年スタート』では数々の目標を立てましたが、ことごとく実現できないまま一年が経ってしまいました。
仕事で関わったプロジェクトが非常に厳しい状況であったり、新しい勤務場所が名古屋から離れている等といった制約条件もあり致し方ない面も確かにありましたが、目標を欲張り過ぎたというのもまた否めません。
ということで、今年は少し様子を見ることにします(笑)

2013年 正月のハイライト

さて今年の正月ですが、1月3日まで例年どおり実家で過ごしました。
親と一緒に親戚への挨拶回りに同行するのが面倒だったので、独りでふらりと電車で出かけることにしました。
**某ローカル線(これに乗って行きました)**
DSC_0868.JPG
行き先はあえて記しませんが、珍しい光景に巡り会えたので撮影した写真だけ紹介します。
**道中の車内で撮影**
DSC_0880.JPG
運転手アングルで撮影できました。これもローカル線の魅力でしょうか。
両側から野生の猿に遭遇することもあるそうです。(車内アナウンスより)
**トンネルを抜けるとそこは・・・**
DSC_0881.JPG
雪積もってます。よく考えたら、この時点で標高1000メートル前後なので十分あり得ますよね。
**到着**
DSC_0882.JPG
1時間半ほど電車に揺られて、終着駅の2つ前の駅で降りました。
この地域は、江戸時代から戦前まで「ある産業」で大いに栄えていたという歴史があり、現在では国の史跡に指定されています。
私が立ち寄ったときも、その時代の名残と思われる建物跡をいくつか見ることができました。
**建物跡1**
DSC_0883.JPG
何かの施設だったのでしょうか。立派な建物です。
**建物跡2**
DSC_0884.JPG
今は見る影もありませんが、よくよく見ると洒脱な外見だったことがうかがえます。娯楽施設か何かだったのでは?と想像を掻き立てられます。
**建物跡3**
DSC_0885.JPG
道路に面した場所に立っていることもあり、間近で撮影できました。かなりの威圧感です。
**建物跡4**
DSC_0886.JPG
例の「ある産業」関連施設の入り口から。この向こうには広大な敷地があり「ある産業」関連の巨大な建物が連なっています。
当然のことながら中に入ることは禁止されており、撮影できるのもここまでです。ちなみに、道中の電車の中からこの巨大な建物群を見ることができます。
**建物跡1(別の場所から)**
DSC_0887.JPG
「建物跡1」で撮影した建物を別の場所から撮影しました。十字のマークがあるので医療関連の施設?
15分ほど歩き回っただけでもこれだけの建物跡が目に入ってきます。
周辺は住宅が立ち並んでおり、その中にこれらの建物跡が紛れているといった感じで、不思議な感覚に襲われます。

番外編

寒いなか歩き回ったこともあり無性にトイレに行きたくなったのですが、やっとの思いで見つけたトイレがコレです。↓
DSC_0888.jpeg
「強風のため使用不可」との貼り紙があり、ドアの部分に板が打ち付けられています。意味が分かりません・・・(´;ω;`)
(注)隣に使用可能なトイレがありました。
気の済むまで歩き回った後、ちょうど挨拶回りを終えた親に車で拾ってもらい近くの温泉で疲れを癒しました。(・∀・)
DSC_0891.JPG
(終)