「作ること」が目的ですか? 〜「本当のゴール」について考えてみたこと〜

DSC_0490.JPG

製品を作ることが本当のゴールか?
私は、企業向けに情報システムを提供する仕事に関わっています。分かりやすく言えば、お客様(ユーザー企業)がどんな業務システムを必要とするかを一緒に検討し、必要に応じて新規で開発したり、既存のアプリケーション(ソフトウェア)を導入したりします。
新規開発だろうと既存アプリの改造だろうと、お客様が利用できる状態になった「システム」が最終的な「製品」ということになります。
特に「新規で開発」する場合や、既存のアプリケーションを「改造」して提供する場合は、非常に多くの人手を要することが多いです。当然、そのような現場には(自分の所属会社/協力会社は問わず)、アプリケーションの設計/プログラムの開発/システムのテストといった、「システムを作る」ことに関わるエンジニアが沢山投入されます。
このような現場で、「システムを作る」ことに執着して仕事をしていると「作ること」自体がゴール(=目的)であるかのような錯覚に陥りがちです。
お客様がシステムを導入しようとする背景には、何らかの業務課題を解決したいとか、新規事業に参入したい、などといった「本当の目的」が存在するはずです。
その「本当の目的」が置き去りにされたまま、我々システム屋が「システムを作ること」だけを目指して突っ走ったらどういうことになるのか?
考えるまでもなく、多くのお金と時間をかけて構築したシステムが、お客様の意図とはかけ離れたものになってしまう可能性が高いでしょう。
特に情報システムは、ある程度出来上がるまで「実際に動くもの」が見えにくいため、このようなことが起こりがちです。
システムを導入する「本当の目的」が製品に反映されない事態が起こる原因は色々あるかと思いますが、我々「作り手」側としては、もっとシステム導入の背景(お客様のビジネス、お客様を取り巻く環境 etc)に目を向けるべきなのではないでしょうか。
本当に怖い作業の「モレ」
少し視点を変えて、「作業のモレ」について考えてみたいと思います。
システム開発というのは、企画から導入に至るまで実に多くのプロセスと人手を要します。このようなプロジェクトにおいて行き当たりばったりで作業を行なっていたら、当然のことながら「作業のモレ」や「手順の間違い」が発生します。
そうならないために、我々システム屋はWBS(Work Breakdown Structure)という手法を用いて、必要な作業を漏れなく洗い出すようにしています。
ところが、上述のようにシステム導入の「本当の目的」が置き去りにされた状態だと、このWBSから致命的な「モレ」が発生する可能性があるのです。
「システムを作ること」が最終目的となっているエンジニアにWBS作成を依頼した場合、「システムを作る」ために必要な作業は、緻密に・漏れなく抽出してくれることでしょう。
しかし、本当の目的である「システムを導入してお客様の課題を解決する」ための作業やタスクが決定的に抜けている可能性があります。これが本当に怖いことなのです。
一例をあげると、以下のようなタスクです。

  • 旧システム→新システムへ移行する間の暫定措置を検討
  • システム間連携の切替え
  • お客様を取り巻く関係者(取引先、関連部署など)への告知
  • 利用者への教育
  • etc

導入後にシステム導入による効果を評価する、なんてことも必要かも知れません。
ここで重要なのは、システム屋が行うタスクだけでなく、お客様やその他関係者がやるべきタスクも漏れなく洗い出すことです。
システム導入の「本当の目的」を理解していないと、到底できないことだと思います。
さいごに
私もエンジニアの端くれですが、慌ただしい現場の中にいるとついつい「本当のゴール(目的)」を見失いがちになります。結果として、お客様の望むものとは全く違うアウトプットを出してしまったり、「作る」ことだけを最終目的としたWBSを作ってしまったりします。
従って、今回のエントリは多分に自戒の意味が込められたものになっています。
これはシステム開発に限らず電化製品や衣料品などでも同じことで、「お客様がその製品によってどんな利益や恩恵を受けるか」に着目することが大事なのではないかと思います。
(終)