もはや手放せない「Evernote」

スマートフォンに切り替えてから3か月あまり、定番アプリとして色々なメディアで取り上げられていたEvernoteも同時期に使い始めましたが、もはやコレ無しでは考えられないほど私の中では不可欠なツールとなっています。
logo.png
ご存じのとおり機能はごくシンプルで、テキストをはじめ画像/映像/WEBページなどあらゆる情報をクリップしてネット上に「ノート」として保存することができます。(有料のプレミア会員に登録するとアップできる情報形式の制約がなくなる)
複数のノートは「ノートブック」としてまとめて整理できます。また、1つのノートには複数の「タグ」が付けられます。タグを上手く使うことで、異なるノートブック間を横断して情報を検索したり整理したりすることが可能となります。
専用アプリはPC版だけでなくスマートフォン版も無料で利用できます。データはクラウド上に保存されるため、外出先で撮影した写真やクリップしたWEBサイトなども勤務先や自宅のPCで参照できる点が便利ですね。
このあたりの詳しい説明は様々な書籍やWEBサイトに詳しく紹介されていますので、そちらを見ていただくと良いでしょう。
Evernoteは機能がシンプルであるだけに、使い方は人それぞれだと思います。ここでは、一介のサラリーマンである私がどのようにEvernoteを活用しているかをご紹介します。(`Д´)ゞ
目的によってノートブックを分ける
私の場合、そのノート(情報)の目的に応じてノートブックを分けています。ノートブックは、さらに仕事や生活といったカテゴリごとに「スタック(ノートブックの集まり)」としてまとめています。
今後さらに変わる可能性もありますが、現在は以下のような感じです。

notebooks.png
・Inbox :とりあえず放り込んでおくため。 ・仕事  :仕事に役立ちそうな情報を格納します。      ノートブック「見返す」は、教訓や名言などを入れてます。     ※セキュリティ上会社の仕事自体に関わる情報は対象外です。 ・生活  :日常生活や趣味に役立つ情報を格納します。      「写真」は自分で撮影した写真、「いただき物」はネット等で      拾った画像や映像。今のところ8割方は猫です。 (*´Д`) ・社外活動:個人的に参加している活動に関する情報を格納します。 ・スキルアップ:個人的に参加している活動に関する情報を格納します。 ・ブログ :ブログネタや記事を格納します。       思いついたことをその場で「記憶」しておけるので便利です。 ・時事  :政治や経済など気になったネタ。もう少し細分化したい。 ・緊急時 :災害等の緊急時に役立つ情報を入れてます。

タグで情報の内容や状態を表現
ノートの内容(キーワード)や状態によって「タグ」を付けて分類しています。前述のとおり、1つの情報につき複数のタグを付けられるのとノートブックを横断して検索できるため、情報を整理したり探し出したりするのに凄く役立ちます。
ほんの一部ですが次のような感じ。職業柄、IT関連のキーワードを特に細分化しています。また、クリップした情報をEvernoteにアップしてノートブックに分類したはいいものの、まだじっくり読んでいないノートについては「★未読」というタグを付けます。こうすることで、まだ読んでいないノートだけを抽出することができます。

tags.png

最後に
私の場合サラリーマンということもあって、仕事上のナマの情報をEvernoteにアップすることは会社の規約上できないのですが、それでもこのアプリを使い始めてから、情報の収集力が格段に向上しました。
スマートフォンというモバイル端末とクラウドを組み合わせたサービスの代表格だと思います。
私もまだまだ試行錯誤しながら使い方を探っている状態ですが、もしおススメの使い方があれば教えていただけると嬉しいです!
(終)


** 参考図書 **