プレゼンについて考える

私は仕事柄、お客さんにプレゼンテーションを行う機会が多いです。
上手くいくこともありますが、こちらの思いが伝わらなかったり、そもそも間違った方向の提案してしまうといった失敗も多々あります。(ノ∀`)
通常「プレゼン」というと、このように企画や商品を売り込むことを連想する方も多いのではないでしょうか。
しかし、相手に伝えるということがプレゼンの本質であると考えると、日常の仕事のあらゆる局面(進捗報告、改善提案、自己アピール etc)において「プレゼン」が必要であることが分かります。
こうしたプレゼンの本質については、『プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術』という本で分かりやすく紹介されています。

presen.png

■良いプレゼンとは?
「見栄えがカッコイイ」とか「話し方が上手い」という技術的なことも大事ですが、何といっても提案の内容が納得できるものでなければ意味がありません。「説得」ではなく「納得」であることがミソです。
それには次の3つのポイントを押さえる必要がありそうです。
 ・相手の立場にたつ(相手にとって何がメリットか)
 ・自分中心ではない(商品の押し売りではない)
 ・分かりやすい(例えば池上彰氏のような)
■プレゼンの3つのプロセス
例えばプレゼンをやることが決まったとして、いきなりPCを立ち上げてパワーポイントを起動するのは禁物です。次の3つのステップが基本です。
 (1)Plot(構想)
 (2)Preparation(準備)
 (3)Performance(実施)
(2)と(3)についてはパワポを始めとした「ハウツー本」が数多く出回っていますが、プレゼンの本質ということにおいては、(1)の「構想」が最も重要であると考えられます。
■構想
ここでもPCは使わず、手書きで臨みます。私の場合、愛用のスケッチブックに思うままに書き込んでいます。
基本は、現実(問題点や課題)理想(あるべき姿)を明確にして、そのギャップを埋めるための提案内容を示していきます。
必要に応じて、サブトピックに掘り下げていく「ドリルダウン」という手法を用います。
ここで気を付けなければならないのは、商品を売り込むのではなく、相手にいかにメリットがあるかを伝えることです。もちろん、実現するためのアクションプラン(コスト、時間、体制など)を明示することも重要です。
■シナリオ
実際のプレゼンでは、「序論」「本論」「結論」の3部構成シナリオで進めます。
 序論…自己紹介、テーマ・背景、アウトライン
 本論…「構想」で練った内容
 結論…締め、次へのアクション、質疑応答
■最後に
プレゼンは非常に奥が深く、「これで正解」というものは存在しません。プレゼンに限ったことではないですが、日々のふりかえりが大切ということですね。
(終)


** 参考図書 **

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です